より良き教育を求めて ちからのブログ

30年の高校教師の経験から学校・教師・教育について考える

教育困難校(底辺校)

 先日病院でSI高校の教員と久しぶりに顔を合わせ、話す機会があった。私がSI高校を離れて5年目になる。SI高校は5年前には各学年5クラスであったが、今は2・3学年が4クラス、1学年が3クラスとクラス数が減っている。(2年後には各学年3クラスになる。)ただでさえ教員の出入りが頻繁の高校であるが、そういうこともあってもうほとんど知っている教員はSI高校に残っていない。

 SI高校はいわゆる教育困難校(底辺校)と言われる高校である。学校の状況を尋ねると、教頭は相変わらず忙しく働き、生徒は騒がしく、全く変わっていないということだった。私がもうかなり昔のことになるが、全学年6クラスずつある高校で教頭が週に10時間も授業を持って教頭職をこなしていたこと、放課後になると待ってましたとばかり真っ先に囲碁をしていた教頭がいたことなどを話すと驚くばかりで、今の教頭の忙しさからは想像できないようであった。忙しいことに慣れ切っていて、以前からずっとそうであったと思いこんでいる。こういう教員に昔のことを知ってもらうことはとても大切であると痛感した。高校の教員にもそんなに忙しくない時代があったのであり、再びそういう状況にしていかなければ、教員は疲弊し、教育の質が低下していく状況を変えることはできない。教員の過重労働を前提とした現状は持続可能ではない。この状況は変えることができるということを知ってもらうためにも、過去を知ることが重要である。そう考えると私がこのブログを書くことも、全く無駄なことではないと思った。放課後になると真っ先に囲碁をしていたSA高校の教頭は、その後SI高校の校長になり、校長室に写真が飾られている。ほんの2・3年いただけで転勤する校長の写真を飾ることに、何の意味があるのだろう。透かしっ屁をして出ていくようなものである。こんな無駄なことに聞いた話では2万円近くも公費が使われるようであるが、即刻廃止すべきである。

f:id:chikaratookamati:20190813113222j:plain

  ところで『ルポ 教育困難校』(朝比奈なを 朝日新書)を読んだ。この本にかかれている実態は、私が教育困難校で体験したことと全く同じである。この本はとてもいい本である。ぜひお読みいただきたい。私は新潟県でKU高校とSI高校の2校の教育困難校に勤務した。教育困難校は全都道府県に必ず存在している。うちの県にはない、などということは決してない。全都道府県に存在していながら、しかしほとんど教育困難校の実態に光が当たることはない。注目されるのは決まって進学校の進学実績である。私はこのブログの 教職はいつからブラックな労働になったか(四)教育困難校の実態を書き、1クラスの人数を30人に減らし、その上で授業を教員2人体制で行うことを提案した。私は「国も県も何ら対策をとらず、支援もしない。このままにしておけば、国の根幹を揺るがす事態を招くことになるだろう」と書いたが、AI化が進展し、貧富の二極化が一層進む中で、外国人労働者が増加すれば、教育困難校出身者の仕事が奪われ、社会を不安定化させる要因になることは間違いない。そうなってからでは遅い。教育困難校の生徒であっても、いやほとんど全ての人というものは、学びたいという欲求を持っている。その欲求に応えて、生徒に学ぶことの楽しさ大切さを実感させ、子どもたちが人を信頼し、自信を持って人生を歩んでいけるようにすることが教育の仕事である。教育困難校にこそ、人(教員)とお金の支援が必要である。

 『ルポ 教育困難校』の2・3箇所を紹介し、それに少しコメントしてみたい。

 筆者が最初にTさんと話した時から、彼は「自分と同じような高校生を作りたくない」と何度も口にした。そのために、教員や保護者に是非伝えたいことがあるという。
 まず、中学校卒業時の学力が低くて「教育困難校」に入学するしかなかった生徒でも「学びたい、もっとわかるようになりたいという意欲があることを尊重してほしい」と彼は訴える。Tさんは、小学校高学年以来、次の学校段階に進んだら、今度こそわからない勉強がわかるようになるかもしれないと期待し続け、いつも裏切られたと感じている。
 彼には、「わかるようになった、学力が伸びた」と実感した経験が唯一ある。それは、高校1年生の時の数学だった。教科担当は退職後のベテラン教員で授業中に生徒の様子を見て、わかっていない生徒に声をかけ、放課後に指導してくれた。この時、小学校以来苦手だった数学が少しわかるようになり、明るい気持ちになれたそうだ。しかし、Tさんは「でも、非常勤だったので、その年しかいなかった」とさびしそうに続けた。(P42~43)

 前述した通り、教育困難校の生徒でも、学びたいという意欲を持っている生徒はたくさんいる。人間は本来誰もが学びたいという意欲を持っている、私は教員をしてきた経験からそう確信している。その意欲に応えるのが教育である。Tさんは自分の学ぶ意欲に応えてくれる教員がいなかったことを残念に思っているが、教員より、勉強を邪魔する荒れた生徒の方をこそ非難している(残念に思っている)。本を読むと、荒れた生徒にばかり気をとられ、おとなしい生徒に教員が目を向ける余裕のないことが、意欲に応えられない原因であるとTさんは考えているようだ。

 公立高校には、原則として定員数内であれば受験してきた生徒がどのような生徒であってもできる限り合格させるという制約がある。そのため、V高校にもここ数年は各中学で、大きな問題行動を起こして来た生徒も入学しており、結果として授業に参加しない生徒が増加している。中学校教員としては、内心はこの生徒は高校に行っても高校生活は続かないだろう、勉強する気のない生徒を入学させることになって、高校に申し訳ないと思ってはいても、本人や保護者がひとたび「どこでもいいから高校に進学したい」と言えば、入れそうな高校を勧めるしかない。(P179)

 V高校はTさんが通っていた高校ではないが、荒れていて全く勉強する気がなく、授業の邪魔をするような生徒が教育困難校には確かにいる。彼らにどう対処するか、これは教育困難校にとって最も難しい問題である。(極稀ではあるが教員をしていて、身の危険を感じるようなことさえある。何で身を危険にさらしてまで教えなければならないのか、と思ったこともある。私はSI高校に勤務していた時には、気休めにいつもズボンのポケットに二種類のお守りとパワーストーン、それに生きて帰れるようにと戦争にいく時に兵隊さんが持って行ったという大欅の樹皮を入れいた。)私が当時新潟県で最も荒れているといわれていたKU高校に勤務していた時、中学校はどうしてこんなひどい生徒に受験を許可するのだろう、最初から受験させなければいいのにと、教員の間で話題になることがあった。それに対し、中学校の教員はどうして高校は彼らを不合格にしてくれないのか、不合格にしてくれれば中学校で問題行動を起こすようでは高校には入れないと在校生を指導できるのに、と言っているという話を聞いたことがあった。送り出す側の中学校にとっても、受け入れる側の高校にとっても、荒れて勉強する気をなくした生徒にどう対処するか、これだという決定的な方法はない。だから荒れる前に何とか芽を摘むしかない。それには日ごろから子どもに目を向け、落ちこぼれそうで荒れそうな子どもを、本来持っている学びたいという意欲を無くしてしまう前に、早い段階から教員が手厚く支援していく、そうしていくしかないだろう。それにしても小学校の教員も中学校の教員も忙しすぎる。

 教員は個性の強い、俺は俺はと思いがちな人間の集団であるから、なかなか一枚岩になれない。

 多くの面で困難を抱え、大人や学校を信じず荒れた言動をする生徒に対しては、教員が協力し合い、一枚岩になって指導をするのが最善の方法だ。既に述べたように、「教育困難校」では指導の場面に複数の教員がかかわることは多いので、その体制ができているかのように思うかもしれない。だが実は、教員集団は一枚岩になかなかなり切れていない。
 ある都立高校に勤務する現役女性教員に話を聞いた。彼女の勤務校は多部制定時制高校で、義務教育段階で何かしらの問題が起こり、学力も十分に伸ばせなかった生徒が集まる「教育困難校」の1つである。
 この女性教員は、「そこにいないと何を言われるかわからないので、学年の会議や宴会には必ず出る」と苦い表情で語る。日頃も、職員室等で、その場にいない教員の悪口を他の教員が言う場面を見ることが多い。「企業勤めの夫は、出たくないならパスしていいと言うけれど、アルコールの入る場に自分がいなければ何を言われるかわからないから」と不安をにじませる。
 筆者自身も「教育困難校」の現役教員時代、同様の思いを持っていた。同じ学年に所属している教員は、その学年生徒の授業や生徒指導を主に担当するので、常に一緒に行動することになる。同じ学年の教員は表面的には仲がいいように見えるのだが、その中で存在感の大きい教員が、他の教員を「使える」「使えない」の基準で分別し、「使えない」とされた教員を裏で攻撃する。
 筆者が勤務していた高校での判断基準は、荒れた生徒に対して大声で威圧的な生徒指導ができるか、学校に長時間いられるかの2点のみだった。その教員が教科に関して卓越した知識を持っていようと、学校外で素晴らしい活動をしていようと関係ない。そうなると、ほとんどの女性教員や学究肌の教員、おとなしい性格の教員は、「使えない」部類に入れられることになる。大きなストレスがかかり、その上なかなか効果も見られない日々の生活が憂さ晴らしの対象を求めさせるのだろう。「使えない」教員たちの存在は、他の教員の自尊心を守るためのスケープゴートのようだ。(P111~112)

  私の経験でも同じようなことがあった。この箇所を読んで、人のやることはどこも同じなんだなぁ、とつくづく思った。存在感の大きい教員とは、なるほどと思うような意見が言える教員ではなく、分かり切ったことをどうだとばかり大きな声で言う教員で、人とつるむことが好きで仲間の面倒見がよく、飲み会や宴会が何より好きな教員と言ってほぼ間違いない。そういう教員は酒が好きで、自分が常日頃勉強もしないで授業をしているので、他の教員も勉強もせずに授業をしているものだと思いこみ、授業にも妙な自信を持っている。だが、荒れた生徒を大声で威圧的に指導できる教員・生徒が学校にいる間は何が起こるかわからないので(学校の外で問題を起こすこともあるので)学校に遅くまで残っている教員が、教育困難校には必要なことは確かである。だからといって、学校にこういう教員ばかりいては生徒は窒息してしまう。多様な教員がいて、ちょっと生徒が息をつけるような授業があって、初めて学校は成り立つ。「使える」「使えない」と言う言葉は、実に他人を軽んじた嫌な言葉である。こういう言葉を使う教員は不遜で、自分の凝り固まって偏った価値観でしか人を見ることができない、知性のない教員である。私は酒を飲まないこともあって、飲み会・宴会が大嫌いで、めったに出たことがなかった。さぞかし「使えない」教員と言われていたことだろう。そう言われていても、嫌いな飲み会・宴会に出て他の教員と話を合わせる気にはならなかった。

 最後に再び書くが、『ルポ 教育困難校』はいい本である、ぜひ読んで、教育困難校に関心を持ってほしい。進学校が存在するように教育困難校も必ず存在する。教育困難校には、学力の問題だけでなく、家庭崩壊・貧困問題など社会のひずみが凝縮している。政治家や教育行政の中枢にいる者は、教育困難校に目を向け、その支援を真剣に考えるべきであるし、我々も教育困難校に注目し、政治家や行政に教育困難校に対する支援を訴えていくべきである。

熱中症

 暑い日が続いている。今年は気温は昨年ほど高くないが、湿気が多いせいなのかこの暑さは体に応える。私の部屋は机に向かっていれば朝日が背中に当たるし、夕方には西日が射しこむ。一日中とにかく暑い。エアコンもなく扇風機もないので、椅子に座っているだけで汗ばんでくる。特に今日明日は太平洋高気圧にチベット高気圧が重なって日本列島を覆い、高温が予想されている。こうなると気を付けなければならないのが熱中症である。テレビでも連日注意を呼びかけているし、熱中症で亡くなった人、搬送された人がいることを報道している。

 熱中症とは高温の環境に身体が適応できないことによって起こる様々な障害の総称ということである。この熱中症という言葉に今でこそ慣れてきたが、私は初めてこの言葉を聞いたときにとても違和感を覚えた。「熱中」と言う言葉は、他のことを忘れて、一つのことに心を注ぐことという意味であるから、熱中症とは何かに熱中しすぎて体に障害が起こることなのかと思った。

 「熱中」と言う言葉の出典は、『孟子』万章章句上の次の文のようである。

 仕則慕君、不得於君則熱中。 (仕ふれば則ち君を慕ひ、君に得ざれば則ち熱中す。)

  意味は「仕えるようになると君を慕い、君に用いられないと、何とかして気に入るようにと、熱中するものである。」(新釈漢文大系『孟子』・明治書院)ということであるが、何とも意味の分からない訳である。要するにこの文の「熱中」は「心があせって熱する、気をもむ」という意味で、今の意味とは少し違うようである。それにしても「熱中」と言う言葉を、高温の環境下で体に障害が起こることという意味で使った文章を見たことがないし、「熱中」にそんな意味があるはずもない。高温の環境下で体に障害が起こるこという意味なら「熱中」ではなく「中熱」と言うべきであろう。中毒という言葉が「毒に中(あた)る」であるように、中熱なら「熱に中る」であるから、高温で体に障害が起こるという意味にもなる。中毒・中風という言葉があるのに、なぜ中熱症にしなかったのだろう。そこが日本語のいい加減と言ったらいいか、いいところと言ったらいいのか、融通の利くところである。おそらく中熱症というより熱中症と言う方が言いやすいので、熱中症としたのであろう。登山は「山に登る」、読書は「書を読む」で、動詞+補語(目的語)の熟語である。中毒ももちろん同じ動詞+補語(目的語)の熟語である。熱中を「熱に中る」と読むことはできないのに、熱中は「熱に中る」ということと、語順(漢字の順番)を無視して説明している医師がいるが、日本人にとっては言いやすさが語順より重要なのである。

 この熱中症という言葉と似たような言葉がほかにもある。例えば砂防ダムである。砂防ダムは土砂災害を防止するためのダムで、原則的には貯水機能のないダムであるが、それなら「砂防」ではなくて「防砂」であろう。風を防ぐ林は防風林、波を防ぐ堤は防波堤、塵を防ぐことは防塵と言うのに、ダムは砂防ダムである。券売機もそうである。売国奴、売名、売官、売春などの言葉があるのに、券を売るのは券売である。

 防砂ダムも売券機も言いにくい。言いやすいように語順を変えてできた言葉はほかにもありそうである。 

月120時間超残業の教諭自殺に賠償命令

 6月10日に福井地裁は、福井県若狭町の上中中学校の新任教諭だった嶋田友生(ともお)さん(当時27歳)が、2014年に長時間過重労働で自殺したことに対し、校長の責任を認め、町と県に約6530万円の賠償を命じた。
 嶋田さんは2014年4月に採用され、学級担任や社会、体育などを担当し、野球部の副顧問として部活動の指導をしていたが、同年10月に自殺した。嶋田さんは授業の準備や部活動の指導、研修の準備、保護者の対応などで4~9月(8月を除く)、月に120時間以上の残業をしていた。裁判長は、自主的な残業だったとする被告側の主張について、「明示的な勤務命令ではないが、自主的に従事していたとは言えない」と退けた。

 給特法は教員に対し「原則として時間外勤務を命じない」と定めている。時間外勤務(残業)を校長が命じられるのは、➀校外実習や生徒の実習、②修学旅行や学校行事、③職員会議、④非常災害で緊急措置を必要とする場合(超勤4項目)に限られる。校長はそれ以外は残業を命令できないのだから、命令してはいないというのが被告側の主張である。こういうことを平気で言えるような教員しか、校長になれない。(たぶん野球部の顧問が残業の一番の原因ではないかと思うが)部活動の顧問を命じておきながら、「したくなければしなければいいだろう」、しないではおけないことを知りながらこんな矛盾することを言い、ごまかし、良心が咎めない教員しか今は校長になれないのである。命じておきながらしたくなければしなければいいなどとぬけぬけと言えるか、長時間残業を見てみぬふりをできるか(むしろ長時間残業をして当然と思えるか)、それが校長になるための踏み絵となっている。
 (学校で一番暇なのだから、校長自身が顧問をがやればいいとも思うが)確かに校長も誰かに部活動の顧問を押し付けなければならないのだから大変ではある。そうはいっても押し付けて、後は知らぬ顔をされたら教員はたまったものではない。私は野球部の顧問をさせられなかったことを、感謝している。野球部の顧問にでもなろうものなら、一年中ほぼ休みはない。土日は練習試合かそうでなければ練習。新潟県の高校では6月だったと思うが、野球部は1週間ほど合宿をする。もちろん授業はある。教員は24時間労働である。(教員は授業もちゃんとやっているというだろうが)こんなことでいい授業ができるはずもない。部活に熱心な教員も、視点を変えれば熱心な教員ではない。部活と授業を両立できるような教員はほぼいない。またそれを望むのも酷である。

 名古屋大学大学院准教授・内田良氏はこの判決を「教員の残業は自主的ではないとして学校側の責任を認めた画期的な判決。教員の働き方改革の追い風になる」と評価しているが、果たして追い風になるか。前にも書いたが文科省の本音は死なない程度に頑張ってくれということが明白である。年間1兆円にもなるという残業代を支払わずに教員を働かせている。全く残業時間を減らすための有効な対策を講じていない。文科省は夏休みの休暇のまとめどりを復活させるということであるが、こんな方策が残業時間を減らす方策になるはずがない。問題なのは夏休みではなく、学校で授業が行われている日なのである。小学校では授業内容をどんどん増やしている。教員の残業はこのままでは増えることはあっても減ることはない。
 責任を問われた校長は、「どうして俺だけ悪者にされなければならないのか。どの校長だってみんな同じことをやっているじゃないか。俺は運が悪かった」、きっとそう思っていることだろう。

 ここまでブラックになっている学校の労働環境を、小手先の方策で変えることなどできない。少々の混乱が起ころうとも、驚くほど大胆な改革が必要である。嶋田友生さんの死が無駄にならないことを願うばかりである。ご冥福を祈りたい。